FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエント楽器・中世古楽器東西を巡る音楽の夕べ

~地中海に輝く緑と音楽~
オリエント楽器・中世古楽器東西を巡る音楽の夕べ 


<出演>
Swaraj :クレタンリラ、ルバーブ、クラッシックケメンチェ、他
Sally Lunn :プサルテリウム、中世二列弦ハープ、バグパイプ、うた

2月10日(土曜)
時間:17:30-19:30
料金:前売り券2500円 当日券3000円
人数:先着25名(要予約 *空席ある場合は当日受付致します)

【開催場所】
〒213-0011
神奈川県川崎市高津区久本1-16-21
フィオーレの森内 リラ館2階 森のスタジオ

田園都市線・大井町線 溝の口駅、JR南武線 武蔵溝ノ口駅どちらも南口下車。洗足学園前のフィオーレの森内

**************

モロッコ、トルコ、ギリシャ、フランス、イタリア、などの地中海沿岸地域では、いにしえより、様々な交易とともに文化的な交流も盛んにおこなわれてきました。
商人、学者、吟遊詩人、薬売り、王、騎士、巡礼者といったと土地を行き来する人々によって、金銀、スパイス、薬草、絨毯、絹、象牙など多くの物が流れ、それと同時に学問や哲学、音楽、詩、楽器等、芸術文化の数々も行き交い混ざり合っていました。
それらは、新たな土地に根付き残るものもあれば、時の流れとともに形をかえ発展していったもの、壮大な歴史の下に埋もれ忘れられたものもあるでしょう。

遥かな時代、遥かな地に鳴り響く音風景、土や風の匂い、移りゆく人々の暮らしに思いを馳せながら、今を生きる喜びのなかで歌い奏で、中世ヨーロッパの古楽からトルコ、ギリシャ、モロッコなどの伝統音楽まで、地中海周辺地域の音楽をお届けします。

中世時代の薬草に因んだ音楽や、地中海の薬草のお話しも交えながらの音楽会。心地よくその時代に心馳せられる薫り高きKoHoのオーガニックハーブティーとともに、ゆっくりとお楽しみください。

<音楽>
モロッコの古典音楽
バルカン半島の舞曲
ギリシャの伝統歌
オクシタニアの騎士の歌
イベリア半島の奇跡物語歌
など




【ご予約方法】
ライブご参加明記の上、お名前、お電話番号、ご参加人数をお知らせください。

(ご予約先)
主催:KoHoショップ 担当 タナベ

・KoHo HPコンタクトページより
http://koho-natural.garden/contact.html
双方でメールの受信が確認されないことがありますので、3〜4日経っても返信ない場合はショップにお電話ください。

・KoHoショップ
TEL &FAX : 0448572487
留守電の場合は必ず連絡先もお願い致します。
スポンサーサイト

~手仕事の音楽会~ 鍛冶屋と糸つむぎ

~手仕事の音楽会~
「鍛冶屋と糸つむぎ」
ハンマーダルシマー&プサルテリウムLive


小松崎健のハンマーダルシマーと、Sally Lunnのプサルテリウム
二つの弦楽器が織りなす、美しい響きの世界をお楽しみください。

旅でめぐった手つむぎ糸の布からつくる、スワラジ工房の衣服展のなかでの音楽会。
演奏の傍らでは、チャルカやスピンドルの糸車を使った糸紡ぎが実演されます。

-------------------------------------------------------------

2018年1月27日(土)
午後6時~
場所:hako gallery
料金:2500円
ドリンクサービスもあります

【お問合せ・ご予約】
crab8apple@yahoo.co.jp(中世の暮らしpj.ANONYMOUS)

-------------------------------------------------------------

ハンマーダルシマーは、箱に張られた幾本もの金属弦をスティック(ハンマー)で 叩いて音を出します。プサルテリウムも同じように箱に金属やガット弦が張られた琴状の弦楽器ですが、爪や羽根で弾きます。二つともペルシャが発祥と言われ、残響の深い美しい響きが特徴です。
プサルテリウムは、イスラム文化がヨーロッパに流れるとともに伝わり、長い歴史の中で形を変え原型は失われてしまったのですが、絵画や彫刻などをもとに現代に蘇った楽器です。ハンマーダルシマーはアイルランド経由でアメリカに渡り発展し、アパラチアの伝統音楽や80年代以降のニューエイジミュージックなど様々なシーンで演奏されています。
この二つの楽器が共演するのは現代ではあまり見かけることはないのですが、遠い昔の異国の地では、人々の日々の暮らしの中や祝祭や儀式などの場で、ともに演奏されることが多くあったのかもしれません。
ハンマーダルシマーのスティックを打つ様子を鍛冶屋に、プサルテリウムの爪弾く様子を糸紡ぎに見立て、昔む かしの村の伝統歌やダンス、子守唄や祈り歌、紡ぎ歌などの音楽を奏で歌います。

雪夜の伝説再び!運河のカモメ、鍛冶屋と糸つむぎライブ2018

今月末は、運河のカモメ&鍛冶屋と糸つむぎのライブがあります!
この四人の出会いは、四年前の大雪の日でした。
白銀の世界に包まれた、伝説的な時間。
ゲストでご一緒させていただいたあの日のこと、忘れられません。
時を経て新たな形で再びご一緒できること、とても嬉しく思います。
運河のカモメのお二人は、とっても面白くてあたたかくて、そしてカッコいいミュージシャン。そして、鍛冶屋と糸つむぎの、共演者であり、私にとっての親方的存在でもある小松崎健さんには、励まされ音楽人生を前に進んでゆく力をいただいています。
味わいのある、「いい音」を奏でられる方々との共演、ほんとうに私自身も楽しみにしています。
雪になるかどうか(ならないかどうか)、ドキドキしています!
お時間ご興味ありましたら、ぜひお越しくださいね。

■1/26(金)19:30 スタート!!
【出】Sally Lunn、小松崎健(ハンマーダルシマー)、浜田隆史(ギター)
【所】ぽれやあれ(東京都杉並区高円寺南3-44-16)
【金】2800円(別途オーダー)
【問】crab8apple@yahoo.co.jp(中世の暮らしpj.ANONYMOUS)

Farfada Live

フリースタイルでの即興演奏を中心に、中世音楽、中東音楽なども交えながらの演奏会です。暖かい薬草スープを飲みながらゆったりとした時間をお過ごしください。

2017年12月17日 (日)
開場 18:00 開演18:30

■会場:hako gallery 
東京都渋谷区西原3丁目1-4 TEL.03-5453-5321 
http://hakogallery.jp/

■出演:
Farfada(ファルファーダ)
 Sally Lunn(中世二列弦ハープ、プサルテリウム、リコーダー、声)
 蔡怜雄(トンバク、ダフ、レク、声)

スープとお茶の提供
Herbal MOMO

冬の夜に響く歌声

~冬の夜に響く歌声~
光と闇のキャンドルナイトライブ


ほりおみわ✴︎うた
Sally Lunn ✴︎プサルテリウム、ハープ、うた

大地や風や空とともにあるような
ふたりの歌声と古楽器の響き。
フィンランドやスウェーデンなどの北欧の歌、
中世ヨーロッパの古い音楽、各地の伝統歌などをお届けします。
みつろうキャンドルを灯した
あたたかな光と影がゆらめくなかで
おいしいお食事、飲み物とともに
ゆっくりお過ごしください。

2017年12月16日(土) 18:00


@Shelter KUKO cafe&gallery
https://kukocafe.wixsite.com/mysite

Fee.2500円 1ドリンクつき
Live.18:00start

●この日は蜜ろうキャンドル作りもあります!ご自由にご参加くださいませ.
15:00-17:00
Fee.500円

【お問合せ 090-9891-8413 小木曽】

ほりおみわ
兵庫県出身。20代中頃から様々なジャンル、形態を音の現場で学び独自の表現力を身につける。自身のライブ活動の他にアニメやゲーム音楽の音楽制作参加、よさこい演舞曲、アーティストのコーラスサポートなど多方面にわたる。現在はソロでのエレキギター弾き語りと並行して、北欧伝承歌を独自の世界観で繰り広げる音楽ユニットShanachie&Annikor(シャナヒー&アンニコル)のボーカリストの一員として活動している。
Shanachie&Annikor(シャナヒー&アンニコル)
http://shanachie.jp/annikor.html
ほりおみわオフィシャルブログ
http://miwaneilo.exblog.jp/

Sally Lunn
名古屋大須の箪笥店で出逢った、家具の廃材から復元された西洋古楽器、中世音楽の響きの美しさに衝撃を受け、それ以来、古楽演奏に傾倒。楽器そのものの素材が持つ響きに耳をかたむけ、様々な楽器、歌、語りなどを交えながら、即興的創作音楽や中世ヨーロッパ音楽を演奏している。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。